RSS

Windowsインストール時に、USB Floppy Driveが認識されない

16 9月

備忘録。

Windows XP・Windows Server 2003世代で、RAIDドライバなどの追加ドライバを F6 キー押下でインストールするとき、パーティション・フォーマットの操作は出来るようになるものの、Windowsファイルのコピー開始直前に、ドライバの入ったフロッピーが認識されなくなる事がある(ディスクを挿入するように表示されて先に進まない)。

前々から変だなと思いつつも、(レガシーな)FDDを接続してやり過ごしてきたが、もう最近のMBにはFDDインターフェイスが無い。少し検索しても、F6キーを押下して読み込ませる、で終わっている記事が多く、どうもおかしい。

今日、遂に原因がわかった。

Windows XP のインストール処理中に大容量記憶装置ドライバーをインストールする F6 キーを押すと接続されている USB フロッピー ディスク ドライブが動作しません

持っているFDDはバッファローの2倍速FDDで、FD-2USBという型番だ。これは2倍速FDDが「いまさらこの値段で買うのもなぁ」と思っていた頃に、ジャンク屋で安く売っていたので入手したもので、USB接続で普通に使うにはまったく問題が無い。
で、IDは「USB\VID_054C&PID_002C」であった。

対処方法はいろいろ考えられるが、これのためだけにDriver DiskをWindowsセットアップに統合するのもばかばかしいので、TXTSETUP.SIFをいじって直すことに。もともと存在するエントリ「USB\VID_054C&PID_0023 = “usbstor”」の行を複製して追加し、「PID_0023」を「PID_002C」に変更。

その後、Bootable DVDとして焼いて、インストール完了。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2012/09/16 投稿先 雑記

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。